公開研究会・シリーズ「鴨志田祐美の弁護士放浪記」 第2回 再審弁護とは ~「針の穴にラクダ」を通すための手練手管~

公開研究会・シリーズ「鴨志田祐美の弁護士放浪記」
第2回 再審弁護とは ~「針の穴にラクダ」を通すための手練手管~

【第2回公開研究会 実施概要】
– 日時:2022年7月11日(月)18:30-20:00
– 会場:オンライン(Zoom)
– 参加費:無料 ※事前登録制
– 講師:鴨志田祐美 氏(京都弁護士会)

【企画の趣旨】
法廷で華々しく無罪を争う刑事弁護の「本流」から遠く離れた辺境で、しなやかで型にはまらず、当たって砕ける試行錯誤を繰り返してきた鴨志田の弁護実践をとおして、刑事弁護、刑事司法とは何かを問いかける全5回のシリーズです。ぜひご参加ください。
お申し込みフォーム:https://crownlawer2.peatix.com/

【講師プロフィール】
鴨志田祐美(かもしだ・ゆみ)氏
1962年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学法学部卒業後、会社員、主婦(母親)、予備校講師を経て、2002年、40歳で司法試験合格。2004年鹿児島県弁護士会に登録。
「町医者」的弁護士として働く傍ら、再審弁護、子どもの虐待やDV問題、少年事件、犯罪被害者と加害者との関係修復のための活動などに取り組む。
鹿児島県弁護士会子どもの権利委員会委員長、鹿児島県弁護士会副会長、鹿児島地方・簡易裁判所民事調停委員、鹿児島家庭裁判所家事調停委員などを歴任。2021年4月より京都弁護士会に移籍。
現在は、大崎事件再審弁護団事務局長、日本弁護士連合会「再審法改正に関する特別部会」部会長。

【今後の予定】※時期・内容は一部変更となる可能性があります。

  • 2022年8月  第3回 「非法律的スキル」 ~弁護団のマネージメント、マスコミ戦略~
  • 2022年9月  第4回 持続可能な予後のために ~少年事件の「付添人」~
  • 2022年10月 第5回 法改正へのチャレンジ ~弁護活動から立法提言へ~

主催:一般社団法人刑事司法未来(CJF)
共催:龍谷大学 犯罪学研究センター(CrimRC)

    関連記事

    ページ上部へ戻る